ラ・コビルナ

艶やかに、自分らしく。女性のための映像メーカー「ラ・コビルナ」です。

年には勝てない。を自覚せよ!

LINEで送る
Pocket

お久しぶりです、コビルナスタッフJuliです。

よくお年寄りの事故の原因は自身の身体能力の過信と聞きます。
道を横断する際に運転手と目が合い、運転手も自分に気付いたことを確認し
出てこないと思った途端に横断し始めて事故に遭ったり、
認識能力や咄嗟の判断力が低下しているにも関わらず、
自分の運転技術を若い頃と同等に感じたり・・・。
「このくらいの距離感なら渡れる」
「自分はまだまだ出来る」
といった《身体能力の低下に気が付かないor能力の過信》によって事故は減らないそうです。

突然なんの話だとお思いでしょう。
いやぁ、わたくしめにも加齢の余波は気付かぬうちにどんどんと押し寄せているということを
つい最近感じたんです。

若い頃はなにをしても平気でした。
誇張しているわけでも強がっているわけでもないんです。
本当になにもかもが大丈夫でした。
どんなに夜更かししても、
どんなに休みがなくても、
どんなに過食しても、
どんなに薄着しても、
とにかくしたいことを欲望のままにしまくっても
精神的にも肉体的にもなんら影響はなかったのです。

それが今年(女32歳 大厄)になってからはどうでしょう。
去年まで出来ていたことができない・・・。
食べたら食べた分だけ・・・イヤ、食べた以上にカラダに体現される。
すぐ風邪を引く。
そもそもヤル気が起きない。

これらのことが今年に入ってからというものまざまざと自覚させられているのです・・・。
所長には「もう若くないんだから」と言われる始末。

「もう若くないんだから」

え?
若くないの?!私!

ここでやっと気付いたんです。
そう、自分がもう若年層ギリギリのラインに立っていることを。
もう、断崖絶壁の空っ風に吹きつけられて今にも老いという深海に落ちそうになっていることを・・・。

人生31年チョイ生きてきていつの間にやら「自分は若者」という認識を変えられずにいたのです!

恥ずかしい!!
非常に恥ずかしい!!!!!

ここが人生の岐路か・・・・。
もう無理は出来ないんだな。
道を横断する時は自分の身体能力と真摯に向き合わなければならないんだな・・・。

世のお姉さま方からは「所詮32チャイの若造が何をほざいてるんだ!!!!」とお叱りの声も聞こえそうですが
日々、食事や運動に努められている高姿勢な方々と
自分の要望のままに生きてきた私とではここで差が出ているのです!

ここ最近、しばらく体調を崩し、お仕事もお休みをいただいておりました・・・。
自分の体力、能力に自信満々の若年層のみなさん、
どうぞくれぐれもご自愛くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ペニ助や公式twitterもよろしくね♪
ペニ助 twitter
1https://twitter.com/PeniSuke_desu

ラ・コビルナ 公式twitter
2https://twitter.com/lacoviluna?ref_src=twsrc%5Etfw

LINEで送る
Pocket