ラ・コビルナ

艶やかに、自分らしく。女性のための映像メーカー「ラ・コビルナ」です。

セックスがしたいんじゃない!中出しがしたいだけ!

LINEで送る
Pocket

お久しぶりです。所長です。
しばらくブログをサボっていました。
スミマセン。
また頑張ります。

さて、シングルマザーでセカンド処女の私ですが、
着々と記録を更新しております。
今度の12月でなんと丸4年!!
セカンド処女の定義は2年だそうなので、
私はセカンド処女というより、むしろもう「処女」なんじゃないかと思う今日この頃。
セックスの気持ち良さなど、もう思い出せないレベル。
少なくとも私は「4年セックスしてない」という独身女性に出会ったことがない。
そう。よほどの理由がない限りそんなに空くわけがないのだ。

ではその「よほどの理由」が私の場合は何なのか?

それはもう紛れもなく「シングルマザーだから」の一言に尽きると思う。
子供を誰かに預けて遊びに行くということを1度もしたことがない私より、
夫や家族に子供を預けて同窓会に出席したり、
ママ友とランチを楽しんだりする主婦の方がよっぽど外でセックスできる可能性があるんじゃないかと思う。

私は平日の日中、保育園に預けている時間以外はいつでもどこでも子供と一緒。
「たまには家族に子供を預けて夜遊びすれば?」
と言われることもあるけど、
「子供を預けて夜遊びする母親」
と、
「夜遊びに子供を連れて行く母親」

だったら、迷わず後者を選ぶ。
どっちも、「母親失格」と言われてもおかしくない行動だけど、
子供を誰かに預けて男と遊びに行くなんて私の感覚では考えられない。
もしそんなことをしたらきっと罪悪感でいっぱいになって少しも楽しめないし、
「今頃ママ、ママって泣いているんじゃないか・・・」とか考えたらとてもじゃないけど正気ではいられない。

だから、男性とデートをする時も必ず子供を連れて行き、子供の寝る時間には帰る。
これが私のシングルマザーとしてのルール。
そして、いつも子供が横にいる女を口説き、ホテルに連れて行こうと思う男はいない。

それと、これを書きながらふと気づいたことがある。
もしかしたらこれが一番の理由かもしれないが、
そもそも私は「セックスがしたい!」とは思っていないのだ。
私は欲しいのは「子供」。
早く二人目が欲しいだけ。
ということは、

妊娠=中出し

あれ?なんだかスゴイことが分かってしまった。

つまり、私の最大の願望は

「中出し」

だった。

images

LINEで送る
Pocket