ラ・コビルナ

艶やかに、自分らしく。女性のための映像メーカー「ラ・コビルナ」です。

就職のキッカケはハプバーでの出会い!「おひとりさま」のすすめ

LINEで送る
Pocket

ラ・コビルナのモナカです!
そろそろ寒さも本格的になり始め、人肌恋しい季節となってきました。冬はイベントが盛りだくさん。さっさとパートナーを見つけたいものですが、そんなホイホイ見つかりません。
だったら、女ひとりで楽しんだっていいじゃないですか。
友達と都合が合わなくても、好奇心の赴くままに好きなことしちゃいましょう!
調べによると、常に新しいことにチャレンジしていたり、
新しい刺激を受けている人は、そうでない人に比べて見かけ年齢が10歳以上若いそうですよ。

in_article_photo-19597

 

 

 

 

 

 

 

 

~お付き合いも就職も、キッカケは「おひとりさま」~

ひとりでどこかに行くと、それなりに出会いもあるもんで、
印象に残るようなキャラの濃い人と出会うのはひとりのときが多いです。
最近だと、得意のひとり呑みをしていたとき、そこで出会ったおばさま方のお宅に招かれ、宅呑みからの宿泊をさせて頂きました。
ロックBARで出会った男性とは、お付き合いにも発展しました。
新宿二丁目では毎度パーティーピーポーとの愉快な出会いがあります。
ちなみに、ひとりでハプバーに行ったときに、今の会社の同僚と出会い、入社に至りました。
その日のハプバーは、どこでプレイしてもオッケーなイベントデー。きっと面白い光景が観られるに違いない!と待ちわびた日でもありました。
あの日、ハプバーに行かずに家で寝ていたら、その同僚と出会うこともなく、今このコラムも書いていません。

~おひとりさまの醍醐味!気の向くままに思いのままに~

「おひとりさま」の魅力は、なんでも自分次第というところ。
連れがいないので、つまらなかったらすぐ帰ればいいし、食べる速度やお酒のペースももちろんのこと、パクチーや豆腐餻など、好みが分かれる食材もオーダーし放題です。
人と話したくなったら店員さんやマスターに、まずはお店のイチオシなんかを聞いて、会話の糸口としてみましょう。
または隣り合わせた感じのイイお客さんに、「よく来るんですか?」「それ、なんていう料理ですか?」なんて声をかけるのもアリですね。
このとき注意したいのがタイミング。
お料理やドリンクを口に運び終わり、ひと呼吸置いた時がベストです。

~おひとりさま初心者の代わりに、ペニ助がGO~

私は、昔から「ひとりの孤独」よりも「好奇心」のほうが勝っていたので、若いころから「おひとりさま」はへっちゃらでした。  けれど、ひとりってなかなかハードルが高いなんて人もいますよね。
そんな方にぜひおすすめしたいのが、女性の気になるスポットへ、ペニ助が突撃取材を慣行しているこのDVD。
『ペニ助が行く!大人の社会化見学!!~本当は気になるエッチなスポット7選~』in_article_photo-19596す。

 

今回はちょっとエッチなスポットを集めたので、気になるけど足を踏み込むには躊躇してしまう場所を堪能できますよ!

私のおすすめはバイブBAR。入り口の扉を開けた瞬間にバイブだらけの異空間が広がります。
単独男子禁制ということもあり、
このDVDで予習して実際にお店に行ってみれば、もっと楽しめますよ!

LINEで送る
Pocket

Tags: